救済措置のドロップは、規定を守らなければならない

打ち込んだボールが、ハザードやOBをしてしまってプレー続行が不可能な状態になってしまったときの救済として、ボールを他の場所に置くことをドロップと言いますが、これには厳格な規則があって、その範囲内でボールを落とさなくてはなりません。
まずは、そのボールが、プレーできない、クラブをスイングすることができないということを確認して、その位置に目印をつけましょう。
そして、そこから一定の範囲内で落とすのですが、このときの一定基準というのはクラブレングスが使われます。

クラブレングスとはクラブ一本分の長さのことで、持っているクラブで計測します。
救済のパターンとしては1クラブレングス内か、2クラブレングス内、または後方線上、などがあります。

また、ティから打ったボールが明らかなOBで絶対に打てないようなときには、打ち直しと言って、元の場所からまた打つという事もあります。

また、ドロップしようとしたのだけれど、他のプレーヤーから必要なしで打てると判断されたときも、元の場所に戻さなくてはなりません。

そして実際にはボールを肩の高さに上げて、それを落としたところから始めるという事になります。
もしもそのときにキャディーの足やカートなどに当たってしまった場合はやり直しです。

またボールがピンに近づく、ハザードなどに入ってしまう、落ちたところから2クラブレングス以上に転がったときもやり直しです。

また、ドロップした場所が間違っていてそのままプレーをしてしまったら、罰則の対象になります。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ゴルフ用語

このページの先頭へ