あるがままが基本のゴルフでは、ディボット跡に入ってもボールの移動はできない

ディボットはゴルフでスイングをしたあとに削り取られた芝のことで、または、その状態を指します。
一打目以外からは、フェアウェイやラフから打つことになりますが、その時地面に接しているボールを打つと、やはり多少なりとも芝を削ってしまうことになり、その修復はゴルフではエチケットの一つとされています。

もちろん完全な修復などはできませんが、削られたまま放置しておくのは絶対やってはいけないことで、他のプレーヤーにも迷惑をかけてしまうので、地面をならしておくくらいは絶対にしておいてください。

ただし完全な修復はなかなかできないので、ディボットの跡にボールが入ってしまうという場合もあります。
たとえどれだけフェアウェイど真ん中に打ち込んだとしても、その跡に入ってしまったら次のショットの難易度は格段に上がってしまいます。

これはもう、運ですからあきらめる他ないでしょう。
なぜならば、この跡に入ってしまったからと言ってボールを移動させることはできないからです。

ゴルフは基本的にあるがままの状態でプレーをするという概念の下に実行されます。

だからプレーヤーが不都合だからといって、それを移動させていいというルールもなく、そういった跡もゴルフをしていれば絶対にできてしまう以上、自然の状態なのです。

ただしだからとって、ディボットを放置はしないで、絶対に修復をするようにしてください。
そして、もし跡に入ってしまったらアイアンの練習のつもりであきらめましょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ゴルフ用語

このページの先頭へ