ゴルフの第一打ティショットを成功させる秘訣とは

ティショットは、ゴルフの一打目のことで、ティに置かれています。
そして、1ホール目となると、これから始まるすべてのラウンドの最初になります。
ですからスタートを決めるためにも、できる限りこのショットは成功させたいものですが、なかなか上手くいかない人もいるでしょう。
特にゴルフは朝から始めることが多いので、朝一のショットでミスをしてしまうと、これからのラウンドも楽しくなくなってしまいます。

だから始まりを良くするためにも、スタートのこの一打は非常に重要です。
このショットが失敗してしまう原因としては、やはり緊張があります。

第一打が上手くいかなければその後の展開も良くないですから、緊張することは間違いありません。
そこで成功するためには、まずはクラブ選びです。

何もドライバーでなくてはならないという規定はありませんから、3番ウッドなど自分が打ちやすいものを選ぶこともできます。
打ちっぱなしなどで一番練習して感覚を覚えている可能性の高いクラブ、それを失敗しそうなときは選ぶことも一つの方法です。

また、アドレスのときに固まってしまっていたら、それがそのままショットに反映してしまいますから、スムーズな体の動きを心がけて緊張をほぐして打ちましょう。

第一打と言うことで緊張が高まってしまいますが、あまり意識してはいけません。

せっかくのこれからの楽しいゴルフの始まりですから、あまり気負わずに、良いところを狙いすぎず、体の力を抜きましょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ゴルフ用語

このページの先頭へ