飛距離を上げることができるティアップの高さとは

ティアップとは、ゴルフのホールの最初の一打の打ち出しをティに乗せることです。
最初の一打ですから、主にドライバーを使ってそのボールを打つことになります。
そのときに一番大切なのは、高さです。
通常ではボールは地面と接しているのですが、このときだけは例外で地面から浮いています。

そして高さも微妙に変えることができますから、ドライバーの飛距離にも影響することになります。
一般的に、実験の結果では高ければ高いほど飛距離が伸びる傾向にあります。

特にハンディキャップが高いゴルファーほどその傾向が顕著になります。
具体的な置く位置としては、ドライバーの上部よりも、ボールが上にきている状態の方が飛距離が良くなっています。

逆にドライバーの上部と同じ位置にボールを置いたときは、飛距離が下がります。

上に設定した方がよく飛ぶと言うことですが、完全にヘッドから出してしまうと、スイングにも注意が必要になってきて、ティアップの時だけ特殊なスイングをしなければ、ボールにヒットすることができなくなってしまいますので、あまり上に設定するのも問題があります。

なぜならば、打ちっぱなしの練習場などでこの状態で慣れてしまったら、実際のラウンドに出たときに第一打は申し分ない感覚でできますが、それ以降のショットが難しくなってしまうからです。

打ちっぱなしの練習から高くすることはしないで、OBも危険性がないホールでのみ普段より高くすることがベターです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ゴルフ用語

このページの先頭へ