ティとは、色々な種類があるものの、しっかり選ばれていない可能性が

ゴルフでティは、第一打の名前に使われているので、少しでも打ったことがあるなら知っているでしょう。
英語で書くと「tee」であり、本来の意味は球技でボールを乗せ、打ちやすくするものです。
ゴルフ以外に、アメリカンフットボールでも使われる道具となります。
正確にはティーペグと呼ばれており、一般的に使われているのは木製かプラスチック製です。

用途としては、前述の通りボールを乗せるものであるので、何で出来ているかといったことはあまり重要視されません。
しかし、近年は単に台座の役目を果たすだけでなく、付加効果もついた商品が多く発売されているのです。

もしオーソドックスなものしか使っていないという場合は、一度どのような商品があるのか調べてみて下さい。
まずデザイン面が派手なものがあります。

打ち方によってはボールと一緒に飛んでいってしまい、見つけられなくなるということも珍しくありません。
蛍光灯が使われたタイプは、そのような場合に見つけやすくなります。

他に環境に優しい、麦を原料としたものがあり、折れてもそのまま土に帰るという特徴はエコロジーの面で見れば大きな利点です。
こちらは海外プロの使用率が高くなっています。

他に、ボールを飛びやすくさせる為、意図的にフライヤー現象を起こす製品もあり、クラブやボールだけでなくティにも拘ってみてはいかがでしょう。

ちなみに、ルール上は台座を使う必要はなく、芝を盛り上げて打つことも許されています。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ゴルフ用語

このページの先頭へ