ツマ先下がりよりは対処が簡単なツマ先上がり

ゴルフ場のコースに出れば、角度がついたところからのショットは避けられません。
特に技術がまだまだの場合には、フェアウェイをキープするのも難しい為、ツマ先下がり、ツマ先上がりの状態でのショットを打つことが多くなるでしょう。
体よりボールが下にある、ツマ先下がりは特に厄介ですが、その逆であり、ボールが体より上にある状態で打つことはツマ先上がりのショットと呼びます。

斜面の角度によっても違ってはきますが、ツマ先上がりの方が安定して打つことが可能です。
またフック回転になりやすいという特徴がありますので、浅い斜面の場合だとスライスが出やすい方にとっては打ちやすいということもあります。

しかし角度がきつくなると、やはり真っ直ぐ飛ばすことは難しくなり、この状態でのミスショットとして代表的なものがチーピンや引っ掛けフックです。

スライスが出やすい方と比べると数は少ないですが、元々フック回転になりやすいという方はこれらのミスが出る可能性も高まるので気をつけて下さい。

このようなボールの方が高い位置にある状態でのショットの際は、飛距離が落ちますので大きめの番手を持ち、短く持つのが基本となります。
そしてスタンスは、スクウェアよりオープン気味の方が良いです。

フック回転になりやすいので、その逆のスライスになりやすい打ち方を行えば、狙ったところに飛びやすくなります。
そもそも当てるのが難しいという場合は、細かいことを考えずに当てることだけに集中して下さい。

軌道は後々に修正が可能です。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ゴルフ用語

このページの先頭へ