各地を転戦することになる、ゴルフのトーナメントツアー

ゴルフでツアーという言葉が使われたら、トーナメントのことを指していると考えて問題ありません。
シーズン中、日本のトーナメントはテレビで中継されています。
男子の場合、日本ゴルフツアー機構が主催者であり、この機構が主催している、一年を通して開催される試合の全てを指してツアーと呼ぶのです。
女子なら日本女子プロゴルフ協会が主催となります。

日本は男子と女子、それぞれ主催者が決まっていますが、海外に目を向けると、各トーナメントを主催しているところとしてアメリカのPGA、ヨーロッパからアフリカ、アジアと様々な箇所で開催される欧州PGAなどが有名です。

しかし、世界の地域、性別、年齢によって主催者は違ってくることもよくあります。
シニアが分けられているのが代表的な例です。

素朴な疑問としてプロゴルファーがあるトーナメントに参加する場合、そこが主催する他のトーナメントにも出る必要があるのか、という点がありますが、これはその必要はありません。

日本のトーナメントで海外の選手が出ることもありますが、あくまで任意ですので、他の試合にも参戦しなければならないといった縛りはありません。

逆に日本の選手が世界に挑戦する時も同様です。
普段は日本の試合に出つつ、アメリカやヨーロッパの試合に参戦することも珍しくありません。

しかし、賞金王などのタイトルは、主催者ごとに分けられますので、アメリカ近辺を本拠地としているならアメリカPGAのみに参戦するという選手も多くいます。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ゴルフ用語

このページの先頭へ