打ちっぱなしの練習場を除けば、最も一般的なツーピースボール

ゴルフのボールは、ピースの数で幾つかの種類に分けられます。
練習場でよく使われているのがワンピースボールであり、合成ゴムのみでできているものを指します。
そこにカバーが加わったものがツーピースボールです。
練習場を除けば、最も多く使われているタイプとなります。

そして、より複雑な構造を持っているものあり、構造が複雑であるほど値段も高くなると思って頂いて良いでしょう。
練習場でワンピースボールが使われているのは、最も安いからという理由です。

どれが良いのかについては、打つ人の目的や実力などにもよりますので明確な答えはありませんが、ワンピースに関してはまず候補から外されるでしょう。合成ゴムのみという特性上、他とは異なる飛び方をするので、上手くなってきた人はまず使いません。

残りのボールから、予算などを考えて選ぶわけですが、ツーピースがコストパフォーマンスの面から見れば最も無難な選択肢となります。

更に複雑なものは、値段の割には扱いにくいということがあるので、ツーピースの中から素材などを考慮して選ぶのが一般的でしょう。

プロを目指すような人ともなると、もっと複雑なものを選ぶことも珍しくありません。
しかし、消耗品であり無くなることを考えると、よほど上手くない限り高価なものを選ぶのは躊躇われます。

素材とカバーの二層でできたボールを使うのが一般的で、練習場でもこのタイプを採用しているところがあります。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ゴルフ用語

このページの先頭へ