特定の状態でダフることを指す、ちゃっくりというゴルフのミス

ゴルフでダフるというミスは、最もよくやってしまうことです。
クラブがボールに当たる前に地面を叩くことで、手首に負担をかける原因ともなります。
ちゃっくりとは、ダフりの一種です。
特定の状況の場合においては、ダフるではなくこの言葉を使うこととなります。

アプローチショットでダフってしまい、ボールが殆ど飛ばなかった場合に、このちゃっくりという言葉が使われるのです。
人によってはザックリという表現をする場合もあり、こちらは、より深刻な場合に使われます。

ティーショットと違い、アプローチショットは芝や砂の上にボールが転がっている為、通常より力が入りやすくなることが多くあり、結果的にミスショットをしてしまうというのが、このちゃっくりが起こりやすい状況です。

また、ティーショットに比べて単純に練習量が少ないということも原因としてあります。
恐らく、このミスを行ってしまう場合、ダフりは卒業しているでしょう。手首を痛めたこともあるかもしれません。

しかし、それを克服する為には練習するしかないのが実情です。
痛めた経験があれば、打つのが怖くなった方もいらっしゃるでしょう。

アプローチショットでは、プレッシャーがかかりやすく、力が入りやすいのですが、フォームがおかしいといった異常がない限り、慣れる以外の対処方法はありません。もしくは開き直るのも良いでしょう。

ミスショットですが、プロでもやってしまう時はあります。

それぐらい難しいのだから、ミスするのは仕方ないと割り切れば力も抜けるのではないでしょうか。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ゴルフ用語

このページの先頭へ