ターフとは、アイアンショットの際によく使われる言葉

アイアンショットの際に「ターフを取るように」打つという言葉が使われます。
ターフとは、ゴルフ場に欠かせない芝生のことを指しているのです。
ショットの際にはクラブに芝生が絡みつくことが多く、これが取れるように、つまり散らばるように打つのが良いショットと定義されています。
アイアンショットでは、ダウンブローの際にボールをクラブのフェースと芝の間に挟むと良いでしょう。

こうすることで結果的に芝生が取れるようになり、良いショットが打てるというわけです。
ターフを取ること自体を目的としてはいけません。

そのように意識すると、ボールの下の方を叩いてしまいがちです。
バックスピンをかける時などにはこのように下を叩くという打ち方を行いますが、回転をかける必要がない場合に下を叩くのは良い傾向とは言えないでしょう。

どちらかと言えば、ボールを前に置く方が練習としては効果的です。
普通のショットならば、クラブが一番下に来る時にインパクトを与えるのが良いものですが、ダウンブローを行う際はクラブが下がりつつある時点でボールを叩きましょう。

当然、インパクト後もクラブは下がり続け、下に行ってから上がるという軌道を辿ります。
これではミスショットになってしまうのでは、と危惧する方もいらっしゃるかもしれませんが、ダウンブローの場合はこの打ち方で問題ありません。

この方法でショットを行うことで、芝生が取れるようになるでしょう。
しかし、テレビで見るような綺麗な取れ方になるかは、ゴルフ場のコンディションにもよります。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ゴルフ用語

このページの先頭へ