スリークォーターを使って正確性を高めるショットを

スリークォーターという言葉はゴルフ以外の他のスポーツでも使われます。
意味は3/4であり、ゴルフの場合はフルスイングの3/4の振り幅で打つことがスリークォーターショットです。
ドライバーショットでは、トップの時に地面とシャフトが平行である状態が理想のフルスイングと言われています。
しかし、現実には、体の柔らかさ等の壁があり、理想の位置まで振り上げるのは困難です。

その為、本人に自覚はないものの全力がスリークォーターショットになっているという方もいらっしゃるでしょう。
それは悪いことではありません。

当然ですが、大きくバックスイングした方が飛距離が出やすいのは確かです。
しかし、一方でスイングや姿勢を正確に整えないとミスになってしまうという面もあります。

ボールに加わる力が強いわけですから、ミスも盛大なものになってしまい、非常にシビアなコントロール技術が求められるのもまた事実です。
その点、スイングの幅が3/4ならば、現実的に実現可能なショットとなります。

また飛距離の面では全力より劣りますが、その分コントロールはしやすいです。
特にスライスに悩んでいるという方は、このショットが有効な場合がありますので試してみてはいかがでしょうか。

他に、アイアンなどのアプローチショットでは全力で振り抜くより、正確性を優先させるのが基本です。

その為、フェアウェイのキープや、寄せていく時には必須と言えるスイングとなりますので、練習しておいて損はないでしょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ゴルフ用語

このページの先頭へ