両肩と足が平行になっていないといけない、スクエアスタンス

ゴルフのスタンスで、最も基本的なものがスクエアスタンスです。
まず、目標を定めて、次にその目標とクラブフェースが直角になるように姿勢を決めます。
フェースが直角になる時は、両肩のラインが目標の線と平行になっている筈ですので、肩の位置を意識すると良いでしょう。
目標と平行に体を合わせればいいと書くと、凄く簡単そうに思えるかもしれませんが、実際にやってみると上手くいかないことの方が多いです。

本人は平行になっていると思っているのに、実際はずれているといったことがよく起こります。
特に初心者の方は、目標に比べて左を向いてしまう傾向があり、スクエアスタンスを正確に行うのは困難であると言えるでしょう。

何故左を向いてしまうか、それはボールを飛ばそうとする意識が強いと体全体が左向きになってしまう傾向が有る為です。
体が若干ですが左向きだと、足も左向きになってしまいます。

そしてもう一つ、プレイヤーは足や肩を平行にするという練習など、基本的にはしていません。
どのスポーツでも、構えなどはありますが、足を平行にする、肩を平行にするということを意識するものは殆どないでしょう。

もしくは、そんなことぐらい意識するまでもなく出来るという自信のようなものもあるかもしれません。
しかし実際やってみると、ずれている場合が非常に多いです。

ずれていないか確かめる為には、クラブを足元に置いて、平行であるか確かめるという手段がありますが、これはゴルフ場ではルール違反ですので、練習場でのみ使える方法です。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ゴルフ用語

このページの先頭へ