スウェイが起こってしまうと、見た目も打球も変に

ゴルフで初心者が陥りがちな状態として、スウェイが挙げられます。
体が大きく流れてしまうことを指す言葉で、ショットに様々な悪影響が出る良くない状態です。
テレビ中継を見れば分かりますが、プロの方のスイングは安定しています。
これは有名、無名関係なしに、上級者ならば安定していて当然です。

勿論、場合によってはぶれていることもあり、ミスショットという形で表れているのですが、大きく体勢を崩すことはほぼ無いと言ってもいいでしょう。

逆に、初心者の方はスイング時の体勢が安定していないことがよくあります。
特に多いのが、バックスイングの時点で既にスウェイの状態になってしまっているというケースです。

振り上げた時点で体が流れてしまうと、無意識のうちに正常な状態に戻そうという力が働きます。
そうでもしないと、ボールに当てることすらままならないためです。

右利きの方の場合、バックスイング時に右にスウェイすると、ダウンスイングの際に左に体を戻そうという力が働き、結果インパクトの瞬間も体はぶれているという結果になってしまいます。

この状態は、まず見た目がよくありません。
体重移動がスムーズではなく、極端な状態となりますので、ふらふらした、ゴルフのスイングとは思えないフォームになってしまうこともあります。

当然、そのような状態では打球も思い通りには飛ばないでしょう。
もし誰かに見てもらい、体が過剰にぶれていると指摘されたなら、まずフォームを安定させるのが先決です。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ゴルフ用語

このページの先頭へ