ショットの基本にして核心。芯で打つとはどういうことか

ゴルフクラブの「芯」で打つ。
スイングするときに一番重要な言葉ですが、果たしてこれはいったいどこでインパクトをすればいいのか意外とわからない人も多いでしょう。
スイートスポットとも言われるこの場所は、当然ヘッドの重心のことではありません。
なぜなら、ヘッドの重心は、ヘッドの中に存在して、そこをボールに当てるのは物理的に不可能です。

ならば、フェース面の中央かと言うと、そうではありません。
一般的にゴルフクラブによって、「芯」は千差万別です。

ドライバーやアイアンなど、クラブの種類によっても変わってきますし、メーカーによっても違いがあります。
だから、それぞれのクラブごとに捉えた感覚を覚えておくことが、本番で使うためには重要です。

ただしスイートスポットに当てるには前提があります。
まずフェースが適切な角度でボールにインパクトしているか、ということです。

この角度が違っていれば、間違いなく、トップやダフってばかりで、芯を捉えることはできません。
そのため、練習するときは、まずゆっくりと振りながら、力を込めて捉える感覚を覚えることが大事です。

速いヘッドスピードを意識してしまうと、それだけ捉えるのが難しくなります。

的確なショットならば、ヘッドが速くなくてもある程度は飛びますし、何よりもまず、クラブによって変化するスイートスポットの感覚を覚えておくために、ゆっくりと振ることから始めるのが無難です。

ビデオに録画して、スローで自分のスイングがボールにどのようにインパクトをしているか確認することも有用です。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ゴルフ用語

このページの先頭へ