シャンクが起こっている場合は、軌道やスタンスの見直しを

ゴルフスイングで起こりやすいミスの一つに、シャンクが挙げられます。
ゴルフクラブは、フェース面でボールを捉えることで飛ぶ仕組みになっていますが、フェースではなくネックやソケット部分にボールが当たってしまうことがあり、このミスがシャンクです。
当然、ネック部分にはボールを飛ばす効果はありませんので、致命的なミスショットとなってしまいます。

前に飛ばず、横方向にボールが飛び、酷い場合だと真横に飛んでしまうこともある、最も性質の悪いミスショットと言っても過言ではありません。

この状態になる原因としては様々なことが考えられます。
まず、単純に実力不足で思うようにクラブを扱えていない場合ですが、この場合は単純に練習するしかありません。

厄介なのは、ある程度前に飛ばすことが出来るようになってきた、初心者以上中級者以下の方がこのミスを起こす場合です。
既にある程度はフォームが出来上がっていますので、矯正するのに苦労することとなります。

オープンフェースになっていると、シャンクになる可能性は高くなるでしょう。
フェースが開いた状態で打つと、ネック部分とボールが近くなりやすいので、少しのずれでミスショットが発生してしまいます。

他に、スイングの軌道にも問題があるケースがあり、アウトサイド・イン、インサイド・アウトはどちらもフェースのセンターから逸れる可能性が高い打ち方と言えるでしょう。

しかし、これらの打ち方自体が駄目なわけではなく、それぞれ使いどころがあるという点が矯正を難しくさせる一因となっています。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ゴルフ用語

このページの先頭へ