日没や雷雨などで試合が延長になるサスペンデッド

サスペンデッドは、スポーツなどで試合時間が長くなってしまって、続行できなくなったときに、一時中断してその翌日に始めることを言います。
一般的には翌日ですが、ごくまれに翌日ではなく、まったく別の日という場合もあります。
ゴルフでのサスペンデッドは、やや特殊なところがあり、それはゴルフ場で行われるスポーツだということが関係しています。

まず必ず屋外で開催されるということです。
屋内でのゴルフプレーというものは、ありえないので、天候の影響を大きく受けてしまいます。

少しくらいの雨ならば、そのままのコンディションで開催されることもありますが、豪雨となれば中断して、そのまま翌日に持ち越されることも珍しくありません。

雨が降っていなくても雷が鳴ったときは、プレーヤーの安全を考慮して中断されることになります。

ゴルフ場ではナイターなどの照明設備か完備されていないので、日没になればそこで終了となり、もしも試合が終わっていなければ、日没サスペンデッドということになります。

その場合も翌日に開催されることになりますが、プレーオフなどで勝負があと少しで決まるというときに限り、照明機材を準備して、試合を続行させることもありますが、ごくまれです。

雨や雷、日没以外の不測の事態でも試合は持ち越されることがあり、そうした場合もこう呼ばれます。
そして、ゴルフは天候に大きく左右されるスポーツですから、特にこのようなことは珍しくありません。

また延長しないで、その時点での成績でゲームを終えることもあります。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ゴルフ用語

このページの先頭へ