今はもう少なくなった、日本伝統のグリーン、高麗グリーン

グリーンは芝を使っていますが、その芝には種類があって、高麗芝を使っているグリーンのことを高麗グリーンと呼びます。
この高麗芝は日本特有の芝で、多くのゴルフ場では季節によって使い分けています。
夏に育つ高麗芝は夏場に使い、冬はベント芝を使うことが一般的です。
ただし最近はベントが多くなってきて、このグリーンを見かけることは少なくなっています。

その理由としては、高麗グリーンは、質としてあまり良くないからで、理由としては、芝がとても強く、そのためパッティングをしても遅くなってしまい、さらに方向によってはボールが左右されてしまう難しいものだからです。

そして歩いたときの感触もざくざくとしていて、見た目にもそれほど整っていてキレイではないことも理由としてあげられます。

また、高麗芝は冬場になると枯れてしまうので、冬場は別の芝を育てなければなりません。
管理するにしてもお金がかかってしまいます。

したがって最近造られた新しいコースではこれは、もとから使われないということがあります。
ただし、一部愛好家の間では復権の動きもあります。

しかし管理にお金がかかってしまうこともあり、残っているのは名門と言われて伝統のあるコースに限られています。
しかも夏と冬で変えているところがほとんどで、グリーンキーパーの技術が要求されます。

そして、この芝は日本特有で海外で見ることはほとんどありません。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ゴルフ用語

このページの先頭へ