コックは戻すタイミングと、柔らかさが一番のポイント

コックとは、バックスイングのときに手首を曲げることを言います。
ただそれだけのことなのですが、実はこのコックはスイングに関してとても大切であると言われています。
ヘッドスピードを出して、飛距離を実現するためにはなくてはならないものだからです。

スイングをするときは、クラブヘッドは円運動をしていますが、その円運動の速度を上げるためには、正しくコックができていなければなりません。
方向に関しては、グリップしたときの親指の方向に曲げるのが正しい方法で、これがずれていたら正確な円運動ができなくなってしまいます。

ありがちな間違いは左手の手のひら側に曲げてしまうことで、これをやってしまうと思うような結果が出ません。

そしてバックスイングのときのこの曲げた手首を返すポイントがありますが、このタイミングが非常に大切で少しでもずれてしまったら意味がなくなってしまいます。

インパクトに近いところで戻さなければ、返しの力がボールに届かないので、タイミングがずれてしまえばヘッドスピードは上がりません。
また無駄に力を入れてしまうと、クラブヘッドがうまく振れなくなってしまいます。

そして戻すときに力を入れてしまったら、それも意味がありません。
手首はあくまで自然な力で戻さなければ、ヘッドに力を伝えることはできないからです。

柔らかいスイングが、ゴルフでは大切だと言われますが、こういった手首などの細かな点にも力を無理に入れないようにしなければ、飛距離を出すことはできません。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ゴルフ用語

このページの先頭へ