手を守るだけではなくプレーにも影響する、グローブの選び方

グローブは、ゴルフでは右利きのときは左手に、左利きのときは右手に装着します。
手を守るためということが第一で、女性ゴルファーのなかには、特に危険防止のためにと両手にしている人もいます。
しかし、サイズが合わないものをつけていると、ヘッドスピードが落ちてしまうことも実験で分かっています。

ただ手を守るためだけではなく、プレーにも大きく影響してしまうグローブですから、できるかぎり良いものを選びたいところです。
ポイントとしてはやはりまずサイズです。

サイズが合わなければスイングもままならなくなります。
そして、グローブの性能として大切なのはグリップ力です。
最近は合皮のものが多いのですが、グリップ力に関しては天然皮革が優れています。

もちろんそれなりの値段はしますので、部分的に天然皮革を使って価格を抑えたものもあります。
次に耐久性ですが、これは合皮の方が優っています。

しかし長く使用し、きちんとメンテナンスをするのであれば、天然皮革でも特に問題はありません。

ただし、合皮製品の方が圧倒的に多く、その分デザインも多いので、グリップ力にこだわらなければ、合皮の中で気に入ったデザインを選ぶという選択肢もありです。

消耗品と考えるか、それとも長く使っていける愛用のものを探すかで変わってきますので、自分のスタンスにあわせて購入してください。
サイズにだけ気をつけてジャストフィットしたものを選べば、それほど差はないでしょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ゴルフ用語

このページの先頭へ