2日間で行われる予選通過を意味する、クォリファイ

クォリファイとはゴルフで予選を通過することです。
ゴルフのトーナメントは基本的には4日間で争われます。
大会によっては、3日や2日などの変則的な日程をとることがありますが、一般的には4日です。
最初の2日は予選ラウンドと言われていて、これを突破することをクォリファイと言います。

大会自体には100名を越える選手が出場していますが、その2日の間に上位60名に絞られて、その人たちだけが決勝ラウンドに進むことができます。
テレビで放送されるのは、この2日の決勝ラウンドがほとんどで、予選を勝ち抜いた人だけのプレーになります。

そして、シード権と言われる権利を持っていなければ、予選に出場することはできません。
もしもそれがなければ、QTと言われているトーナメントで勝利するか、規定の成績を収めて、大会への出場権を獲得しなければなりません。

他にも招待される、協会から推薦されるなど、大会によって出場資格は様々です。

またシード権といっても、いきなり本戦からではなく、予選からの参加になります。

したがって、有力選手であっても予選で落ちてしまうことも多々あり、事前情報で出場の話を聞いて、テレビ放送で見たらいなかったということもあります。
その場合は予選で敗退しているのです。

シード権を得るためには、昨年度のツアー獲得賞金ランキングが重要になるので、年末になると賞金争いが熾烈になります。

上位だけではなく、下位のシード権争いも注目されます。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ゴルフ用語

このページの先頭へ