戦略的プレーを楽しみたい人向けの丘陵コース

ゴルフコースは自然を切り開いて作られますが、その環境によりさまざまなタイプが生まれます。
平地に造成したならば、傾斜のない、もしくは穏やかな芝地が広がるコースになるでしょう。
一方、丘陵を切り開くとアップダウンが激しいコースになります。

それが丘陵コースと呼ばれるものです。
似たような言葉で山岳、シーサイドなどと表現されることもあります。

一概に丘陵コースは難易度が高いとは言いきれませんが、高い丘が切り立っているために、グリーンが見えないブラインドコースになってしまうことも多くあります。

そのような場合、難易度がぐっと上がることは間違いないでしょう。
ティからグリーンが見えないということは、それだけでも大きなプレッシャーになりますし、初めてならば打ち込む場所さえ定まらないかもしれません。

また、移動をするだけでも疲れてしまうことから、体力のないプレーヤーにとっては鬼門となってしまうでしょう。

しかし、このようないろいろな障害は、それだけ戦略性を増すことにも繋がりますから、カジュアルではなく、頭を使う知的なゴルフを楽しみたい人には人気となっています。

丘陵コースは一般的ではないので、あまり名門と言われるものには見られないようです。
実際に平地の方が会員権も高額になっています。

ゴルフを気軽に楽しむためには向いていませんが、ちょっといつもと違ったプレーを体験したい、戦略的にゴルフを堪能したいという人には好評です。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ゴルフ用語

このページの先頭へ