ワンオンといった形で使われるゴルフ用語について

ゴルフ中継などで、ワンオンという言葉はよく使われます。
これは一打でグリーンに乗ったという意味です。
ゴルフで「オン」という言葉が使われたら、ほぼ間違いなくグリーン上にボールが乗るという意味と考えていいでしょう。
この段階まで来れば、後はパターによる勝負となりますので、大詰めとも言えます。

ここで注意して欲しい点として、グリーンは一色ではありません。
グリーンの周りを囲むように、異なる色の地点があります。

ここはカラーと呼び、グリーンとは見なされないので、ボールを拾い上げてしまわないように注意して下さい。
一般的にグリーンにボールが乗った場合は、その場所をマークして拾い上げるということが認められています。

この光景はテレビ中継でもよく映されるのでご存知の方も多いでしょう。
判断が難しいのは、ゴルフにはよくあることですが、境界線上にボールが転がった場合です。

ライン上のボールの扱いは、初めてコースに出た時どうすればいいか分からず困ったという経験をお持ちの方も多いでしょう。
線ならボールが線に触れていれば問題ないという判断が下されます。

カラーの際も同様で、グリーンに一部でも接していればそれはオンと判断して問題ありません。
拾い上げても良いのですが、この場合はカラーにマークを置くこととなります。

カラーは芝が長くなっている為、打つ時の難易度も高くなるでしょう。
マークを付ける際は、再びボールを落とす際に誤魔化したりはしないで下さい。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ゴルフ用語

このページの先頭へ