エクスプロージョンショットとはバンカーで使うもの

ゴルフでエクスプロージョンという言葉が出た場合は、まず間違いなくエクスプロージョンショットのことを指します。
バンカーに入ったボールを強い衝撃と共に打ち出すショットのことであり、バンカーに入った場合はこの打ち方を行うこととなります。
要はバンカーから脱出する時の打ち方なのですが、これは苦手としている方も多いでしょう。

プロ選手やそれに準ずる成績を誇る人でもない限り、そう頻繁にコースに出る機会はありません。
そして、バンカーでのショットは実際にコースで打つ以外に練習方法がないので、苦手な方が多いのも当然と言えます。

ドライバーやパターは練習場や自宅などで実際に打つことが可能なので、コースを回っていなくてもある程度は技術を身につけることが可能です。
だが、バンカーは打つ機会が少ないので、苦手意識を持ってしまうという方が多くいらっしゃいます。

しかし、完全に再現できるわけではありませんが、似た状態で打つ練習は可能です。

ティで1センチから2センチの高さにボールを置き、サンドウェッジを使って打ちます。

エクスプロージョンショットはオープンスタンスで打つものですので、同じようにしましょう。
このショットは砂ごとすくい上げるようにするのが特徴ですので、ボールを直接打つのではなくティの部分を打ちます。

しかし、あまり上げようとすると実際には上手くいかなくなるでしょう。

どちらかと言えば、ティをクラブで切るようなイメージで打つと上手くいきやすいです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ゴルフ用語

このページの先頭へ