主にドライバーで用いられる薄肉フェース加工

ゴルフクラブの宣伝文句の中で、薄肉フェースであることをアピールしている商品があります。
クラブヘッドの打球面に当たる、いわゆるフェースを薄くすることを指す言葉です。
薄くすることには、まず重さを減らすという狙いがあります。
力がない方でも振りやすくするという狙いもあるのでしょうが、一番の目的は重心位置をどこに持ってくるかです。

軽くなることで、重心位置の設計がしやすくなる効果が見込めます。

もう一つ、実際にボールが当たった際のインパクトで、ボールに過剰な力がかからないようにするという目的があり、これはエネルギーロスを防ぐ効果があるのです。

通常のフェースだと、ボールに力がかかりすぎて、変形してしまい、結果的に反発しなくなってしまいます。
もちろん変形するといっても一時的なものなのですが、実際に打ってからコースで転がり終えるまではその影響が出てしまいます。

ボールを垂直に落とした時、同じ高さまで帰ってくるものと、半分くらいまでしか帰ってこないものでは、どちらが飛距離が出るかはすぐにイメージできるのではないでしょうか。

このボールの変形による反発係数の低下を防ぐ為に開発されたのが、薄肉フェースという技術です。
採用されているクラブは、主にドライバーですが、近年はアイアンにも導入の動きが広がっています。

しかし、アイアンはドライバーと違い、ボールが変形することはまれ、仮にあっても影響が少ない為、アイアンで薄肉加工を行う意味が無いのでは、という声もあります。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ゴルフ用語

このページの先頭へ