ゴルフで動かせない障害物とはどのようなものか

ゴルフに必ずと言っていいほど、障害物は付き物です。
バンカーや池などは明らかに邪魔をする為に配置されています。
これらはゴルフ場の管理する人たちがそのように作ってあるのですから、もしプレー中に苦しんでも仕方がありません。
しかし、中には例外も存在します。
障害物でありながら、動かせない人工物です。

代表的なものに、カート用の道路や側面、コース間を仕切っているネット、金網、そして工事中エリアなどが挙げられます。
修理地とも呼ばれており、ボールが飛んでいってもペナルティがないアンダーリペアも動かせない障害物の中に含まれるでしょう。

これらの障害物と定められているところにボールが飛んでしまってプレーが困難になる場合があるのです。
ボールの位置ははっきりとしているのに、ネットが有る為にプレーに支障をきたす場合などが挙げられるでしょう。

このようなケースの場合、ペナルティ無しで救済行為の恩恵を受けることが出来ます。
具体的には、ボールの場所を変えることが可能となっているのです。

勿論、制限はあり、ニアレスポイントを決めることとなります。
ニアレスポイントとは、使うクラブが使用可能で、最もボールに近い位置のことです。

この位置をマークし、そこから1クラブレングス以内の、ゴールであるカップに近づかないところにドロップしてプレーそこからクラブが振れないなら振れる位置までは移動させてもいいですよ、という措置になります。

あまり遭遇する機会はないかもしれませんが、このルールを知っておけば上手く厄介な状況を脱出できることもあります。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ゴルフ用語

このページの先頭へ