飛距離を伸ばす為には避けて通れないウェートシフト

ウェートシフトとは、ゴルフのみで使われる言葉ではありません。
野球でも使われる言葉で、体重移動を意味しますが、両者に共通することとして、スイングが挙げられるでしょう。
形は違えど、予備動作を行い、ボールに当て、そしてフォロースルーを行うという意味では共通点があります。
まず予備動作は、ゴルフではバックスイングに当たります。

クラブを高く上げるわけですが、右利きの方の場合、この時体重を右方向、クラブ側を上げている側に乗せるのが正しいです。
そして振り下ろす、所謂ダウンスイングの時に右から左に向けて体重を移動させます。

ボールに当たる瞬間は、丁度真ん中辺りが好ましいでしょう。
ボールに当たってからはフォロースルーで、体重を左へと移動させて振り抜く、これが基本的なウェートシフトを使った打ち方となります。

ゴルフクラブを握るのは手ですし、力を入れるのも手となりますので、スイングのみに打ち込み、体重移動に注意を払わないということはよくあります。

この方法でも、ある程度は成長が見込めるでしょうが、一定のラインからは頭打ちになってしまうでしょう。
やはり正しい体重移動の方法を知って、実践しないと飛距離は伸びません。

重要なのは足や腰といった下半身です。
ここを上手く使うことで、スムーズな体重移動が可能となります。

何か重たいボールを持って、ゴルフのスイングを行うようにし、投げてみて下さい。
上に行く、後ろに行く、これは手打ちの典型的な症状です。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ゴルフ用語

このページの先頭へ