ゴルフ用語のインプレーとは一体どのような意味か

ゴルフの時に、インプレーという言葉を聞いたことはあるでしょうか。
この言葉は、ゴルフプレーヤーがティーショットを打ってから、ボールがカップに入るまでのことを指します。
つまり、各ホールで打ち始めた時から、そのホールを終えること全体を指す言葉なのですが、それなら始める、終えるといった言葉で代用が効くので、実際に使われることは少ないでしょう。

普通にプレーと言っても通じます。
その為、インプレーという言葉は主にゴルフボールに対して使われる言葉となります。

インプレー中の球、といった形です。
これはティーショット後にホール内で止まった状態のゴルフボールのことを指します。

ホール内というところがポイントとなり、例えばOBになってしまった場合、球はそのホールに有りませんのでプレー中の球とは言えません。
他に、珍しいケースではありますが、手でボールを拾うこともあります。

基本的にティーショットを打ってから、カップに入れるまでボールには手を出さないのがゴルフの大原則です。

しかし打つことが不可能な場合に1打のペナルティと引き換えに救済が受けられる、アンプレヤブル宣言をせざるを得ない時や、修理地であり打ち込んでもペナルティのないアンダーリペアに入った時は、手でドロップすることが認められています。

しかしそのような特殊な状態でない限り、手で触れることは許されておらず、触ってしまった場合は一打のペナルティが課せられてしまいます。

そして元の場所に戻してから打つことになるのですが、もしそれを怠った場合は更に一打のペナルティとなります。
このようにルール上の問題が起きた時によく用いられる言葉です。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ゴルフ用語

このページの先頭へ