インサイドアウトを極めれば飛距離アップが見込める

ゴルフのスイングは、突き詰めればインサイドアウトがしっかり出来ているかどうかに帰結するでしょう。
最も基本的なストレートボールの打ち方ですが、毎回真っ直ぐ打つのは難易度が高くなっています。
ゴルフをやらない方は、普通に打てば真っ直ぐ飛ぶのではないかと思われるかもしれませんが、実際にはそうはなりません。
変化がかかることの方が多いぐらいです。

インサイドアウトとは、実際にボールを打つ際のクラブの軌道のことを指しています。
まずボールを真っ直ぐ打つとしましょう。

この目標とする真っ直ぐの線を飛球線と呼びます。
クラブを振り上げてから、ゴルフボールに当てるまでは飛球線より内側、つまりインであることが望ましいです。

そしてインパクト、当たる瞬間は飛球線と重なるように、そしてフォロースルーではアウト、つまり外に向かう、この一連の流れのことをインサイドアウトと呼び、飛距離、そしてボールの方向に大きく影響します。

しかし、実際には他にもインパクトの瞬間のクラブの向き、腰の回し方、力の入れ方といった様々な要因が絡んで、真っ直ぐ飛ばすことは難しい技術です。

テレビ中継を見ていれば分かるかもしれませんが、プロでも綺麗な直線でボールを飛ばす方はなかなかいません。
他に打ち方としては、アウトサイドイン、インサイドインとあり、それぞれ異なる方向へ飛んで行くのが特徴です。

更にフォームなどでも変わりますが、ゴルフの打球の球筋は9種類しかありません。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ゴルフ用語

このページの先頭へ