どのような場面かによって異なる意味を持つイーブン

英語で同等という意味を持つイーブンという言葉がゴルフで使われた場合、二つの意味があります。
幸い、この二つは全く異なる場面となりますので、混同する可能性は少ないでしょう。
まず、通常のストロークプレイの場合ですが、イーブンパーという言葉で使われます。
パーと同等、つまりパーでホールを終えることを指します。

使用頻度については、こちらの意味で使われることが多いでしょう。
現在、ゴルフの大会はストロークプレイが圧倒的に多くなっていますので、ゴルフ中継などでもよく聞かれる言葉です。

もう一つ、ゴルフにはマッチプレーと呼ばれる、トータルのスコアではなく、対戦者同士の戦いがあります。
例として、選手Aと選手Bが仮に戦うこととなったとしましょう。

Aは1ホール目をバーディーで終え、Bはパーで終えました。
この場合そのホールはAの勝ちです。

その際の勝敗の数え方としては「Aの1アップ」という表現になります。
これはAが1勝したという意味ではなく、Bとの差が1であるという意味です。

続いては、お互いにパーだったとしましょう。差は縮まっていませんので、この場合も「Aの1アップ」です。
続いてのホールではBが勝ったとしましょう。

この場合、差はなくなります。
このような差がない状態の時に「イーブン」という言葉が使われるのです。

マッチプレー形式自体が少なめの傾向にある為、こちらの使われ方は少な目となりますが、同等であるという意味を持つと知っておけば間違えることはないでしょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ゴルフ用語

このページの先頭へ