厳正なスポーツだからこそ、アテストが重要

ゴルフという競技は審判がおらず、自分でジャッジを下していく厳正なスポーツです。
スコアは自分でつけていって、それは正当なものとして見なされていますから、紳士のスポーツとも言われる所以となっています。
ただし、今やゴルフは世界的なスポーツで、競技人口も多くプロゴルファーもいて、正式な世界大会も開かれています。
さすがにそこで自分でスコアを判断していくのは無理があると言うものです。

そこで、世界的な公式競技では自分でつけることはしていません。
マーカーと呼ばれる人たちがつけていって、サインをしていきます。

そして、最終的にはプレーヤーが認証をするという手順をとるようになっています。
このときマーカーがサインしたものを「アテスト」と呼びます。

また、そうではなく、このスコアを正式に結果として提出する作業のことをアテストと呼ぶこともあります。

正式な提出用のスコアを記したカードには、証明欄があり、記入されたスコアに間違いがないということを、これで証明すると言う意味になっています。

ここにマーカーのサインがなければ、そのスコアカードは失効扱いとなってスコアを残すことはできません。
また、その横にプレーヤーもサインをする箇所があり、そこにもサインがなければ失効になります。

ゴルフは厳正なスポーツですから、たとえテレビカメラが入っていても、こういった手順を守らなければなりません。

ただし、マーカーと本人のサイン欄を間違えてしまったくらいならば、問題なしとされます。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ゴルフ用語

このページの先頭へ