体重移動で打つスイングのカタチ、アップライトスイング

アップライトスイングはスイングの一つです。
スイングは大きく分けると、このアップライトとフラットになります。
アップライトが向いている人というのは体重移動ができる人です。
インパクトゾーンを長くするために、体重を移動させながら打ちます。
また、高い位置で構えるために、スタンスの幅が狭いことが特徴です。

スイングを上から見たときに、楕円のようなカタチになることが特徴で、正面から見たときにどちらなのかを見極めることはなかなか難しく、自分がどちらになっているかを確認することは、初心者には難しいでしょう。

ただし判断基準としては、地面に対してどれだけ垂直かということがあります。
スイングは基本的に角度をもって行われますが、角度がないということは、クラブの持ち方が短いと言うことが特徴として出ます。

また、スタンスのときにボールと近い位置にいることがあります。
それを意識して、スイングをしてみると、自分がどちらのスタイルに近いかをある程度は認識できます。

ただし、完全にどちらによっているかということは、判断が難しく、あくまでもある程度の基準として認識しておく方が無難です。

ゴルフに真摯に取り組んでスイングのカタチを完成させたいときには大きな指針になりますから、自分の柔軟性や、体重、体力などを確認して、それから完成を目指してフォームを完成させた方が良いでしょう。

いきなりこれを意識してしまうと、上手く打てなくなってしまうこともあります。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ゴルフ用語

このページの先頭へ