アンプレヤブルはゴルフボールを打てない状態のこと

ゴルフをやっていると、ボールがどうしても打てない状態になってしまうことがあります。
例えば、木の枝に引っかかってボールが落ちてこない場合などです。
クラブが届くような高さでない場合、そのままではプレーの続行は出来ません。
このような事態に陥ったらまず考えられるのが、ペナルティとストロークのやり直しです。

しかし、アンプレヤブル宣言を行えば、ペナルティはありますが木の近くから打つことが可能となります。

宣言という言葉を使いましたが、これはプレイヤー自身が「打てません」と自己申告することで、ボールの近くから打ち直すことが可能なシステムのことで、例として木の枝を出しましたが、実は障害物がない場合でもこの宣言を行うことはできます。

ボールのありかさえ分かっていれば、いつでも行えるのです。
もっとも、ペナルティが一打加算されますので、打てる状態で宣言することはまず考えられません。

逆に判断が難しいのは先に例に出した木の枝に、複数のボールが引っかかっていて、本当に自分のものがあるのか分からないというケースではないでしょうか。

自分のボールが確認できれば、宣言を行うことができますが、分からない場合は少々複雑な手順が必要となります。

まずアンプレヤブル宣言を行い、実際に落としてみて、もし自分のボールであれば宣言通りペナルティの上、プレーの再開となるのですが、見つからなかった場合は、5分間の捜索を行います。

それでも見つからない場合は紛失球扱いとなり、ペナルティに加え元の位置から打ち直すこととなります。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ゴルフ用語

このページの先頭へ