アンダーリペアに設定されているところにボールが飛んだ場合

ゴルフ場に行ったら、白線、或いは青い杭で仕切られているエリアがあった、という経験はないでしょうか。
このエリアは、アンダーリペアと呼ばれている区域です。
リペアは修理するといった意味合いの英語となり、ゴルフ場で修復作業が行われている区域のことですが、アンダーリペアが設定される代表的な例として、芝の交換が挙げられるでしょう。

大勢がプレイするゴルフ場の性質を考えれば、当然人気のところだと芝の損耗が激しくなることが予想出来ます。
このような芝の交換作業、或いはその為に使われる資材置場などは区切られているのです。

修復現場ですから、そこにボールが飛ばないようにするのが理想なのですが、実際には上手くいかずにボールが飛んで行ってしまうといった事態も起こるでしょう。

その場合、OBとは少々扱いが異なります。OBとは、所謂プレイ禁止区域のことで、そこにボールが入ってしまった場合は打ち直しすることとなります。
勿論ペナルティがつきますので、成績を上げたい場合は避けたいところでしょう。

しかし、修復現場に指定されているところにボールが入った場合、ペナルティはありません。
修復現場から外にドロップして、そのままプレイを続行することとなります。

また、アンダーリペアは必ずしも区切りがあるとは限りません。

他の場所に移すことを目的として、一時的に砂や木の枝が集められていることがあります。
これらも修復現場と認定されていますので、打ち込んでしまってもペナルティはありません。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ゴルフ用語

このページの先頭へ