エンジニアから転身して名パターを作成する、ベティナルディ

ベティナルディは1991年創業のブランドで、その精密な作りにおいて人気を誇っています。
ロバート・J・ベティナルディが創業し、彼は当時エンジニアとして、防衛や医療の分野で活躍をしていました。
そこで培った技術をフル活用して、ゴルフ業界へと進出したのですが、その革新的な思想と、今までのゴルフ業界になかった技術は、まったく新しい概念のパターを生み出し、さらに彼の腕を磨くことによって、精密パターの製造を可能にしていったのです。

そして、1998年には、Bettinardi Golf Inc.を設立して、自身の名前を冠したパターだけではなく、ゴルフブランドを立ち上げます。
多くのファンの中で、当時のプロトタイプは憧れの的であり、コレクターにはなんとしてでも手に入れたい逸品となっています。

1999年にはグレーター・グリーンズボロ・オープンで、イェスパー・パーネヴィクがこのパターを使って優勝をしたことで、世界的にも知名度が高まりました。

その後も多くのプロゴルファーが、このブランドのアイテムを愛用して優勝を飾るなど、ゴルフ界で話題になり、代表的なパターブランドとしての確固たる地位を確立しました。

そのラインナップは多く、今でも高い人気があります。中には日本限定モデルもあり、日本においての販売にも注力していることが特徴です。

また、パターはもちろんですが、スタッフバッグや、ヘッドカバー、グリップなどのアクセサリも充実していて、ファンにはたまらないアイテムになっています。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ゴルフメーカー

このページの先頭へ