女子プロゴルファーも愛用するメーカー、軽撃区の「ゆるり」

「軽撃区」という、ちょっと変わった名前のゴルフメーカーを知らない人もいるかもしれませんが、「ゆるり」と言う名前ならば比較的知名度は高いでしょう。
最近の女子ツアーで、黒のウェッジにひらがなの「ゆるり」と記されたクラブを見かけた人も多いと思います。
それがそのものズバリ「軽撃区 ゆるり」です。

「ゆるり」は女子ツアーではもうメジャーな存在になってきています。

女子プロゴルファーがよく使っていることから、女性らしい線の細い華やかな印象を持たれるかもしれませんが、そのラインナップはどれも黒くて無骨な印象のものが多く、男性が持ったとしても違和感はありません。

ラインナップは幅広く、強烈なバックスピンを可能にする9番アイアン「撃+41」、絶妙なピッチエンドのアプローチを独自のウェッジで実現したピッチングウェッジ「撃+45」、そしてアルミでもステンレスでもなく真鋳でもない、独特なフィーリングを持つパター「ゆるり軟鉄パター」など、さまざまな場面に対応することができます。

その多くが、少しでもピンに寄せたい、繊細なプレーのときに活躍できるクラブとなっています。

人気の秘密は、ウェッジの独特な柔らかい感触。軟鉄鍛造で仕上げられていて、その精密性は群を抜いています。

ただし、コントロールしやすいのは上級者で、初心者にとっては慣れるまで使いにくい可能性もありますが、距離を稼ぐのではなく、正確性のショートゲームを主体にする人にとっては、間違いなく手放せないアイテムです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ゴルフメーカー

このページの先頭へ