パター作りに定評があるものの、市場に出回っていないタッドモア

ハンドメイドパターの分野で巨匠と呼ばれるタッド・モア氏の名声は、今でも褪せることがありません。
氏はダンロップ・マックスフライとのコラボレーションにより、軟鉄製の削り出しパターを製作していました。
この時に作られたTMシリーズは今となっては幻とも言われていますが、この巨匠の名前がつけられており、氏が手がけるブランドがタッドモアです。

氏はコラボレーション終了後も積極的にパターを作っていますが、いかんせん数が少なく、国内ではなかなかお目にかかれないでしょう。

もしタッドモアの製品が欲しいとなった場合、まず前述のTMシリーズやその後手がけた作品を探すことが考えられます。
これに関しては、運の要素も強くなってきます。

氏の名声や、作られた製品の価値はよく知られていますので、まず売られているということが少ないでしょう。
しかも、コンディションが良いものとなれば、なおさら探すのは難しくなってしまいます。

こちらは、中古品を扱う店か、ネットオークション等で時々探すぐらいにしておいた方が良いでしょう。
もし巡り会えたらラッキーだ、ぐらいの気持ちで臨んで下さい。

もう一つ、氏は現在もクラブを作り続けています。
公式サイトもありますので、そこから注文するという方法があるのですが、ややハードルは高めでしょう。

公式サイトは全て英語です。
英語が堪能な方ならそこは問題ありませんが、氏の作品はハンドメイドであるという特徴がありますので、必ずしも手に入るとは限りません。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ゴルフメーカー

このページの先頭へ