国内プロの使用率も高いロイヤルコレクション

ゴルフメーカーのロイヤルコレクションは、1992年にクラブデザイナーの賢見良成氏と現在取締役を務めている小山英嗣氏により作られた会社です。
会社設立と同年に発表されたRC-1はスルーボアのネックと、当時はまだ難しいとされていた肉薄技術を使い、高い評価を得ました。
そんなロイヤルコレクションを代表するのが、馬蹄型のへこみを持ったウッドです。

既にRC-1の時点で、馬蹄型のソールとへこみは出来ており、現在の製品の原型が完成しつつあったと言えるでしょう。
特にへこみは、地面への設置面積を減らすという効果があり、困難な状況からでもショットが打てるように設計されています。

製品により、へこみの深さや幅は違いますが、ロイヤルコレクションのゴルフクラブを代表する特徴です。
現在ではニック・プライスを始めとした多くの選手がこのメーカーのクラブを使っています。

特にフェアウェイウッドに強く、国内ツアーでは3割近くの参加者に使われているというデータもあり、その信頼性がうかがえるでしょう。

フェアウェイウッドはプロでも苦手とする方がいる程、難易度が高くなります。

長いクラブ、ドライバーなどは扱いが難しいですが、同じ特徴を持つフェアウェイウッドの方だけまるで駄目だという方もいる程です。

フェアウェイウッドで重要なことは重心の位置であると、早くからこのメーカーは目をつけており、その研究の成果が、現在のプロへの普及率として現れているのでしょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ゴルフメーカー

このページの先頭へ