ゴルフの歴史とともに歩んできた老舗メーカーのマグレガー

マグレガーは、歴史の長いゴルフメーカーです。
メーカーの歴史は、全米でのゴルフツアーの歴史と重なるところがあります。
1894年にPGAが設立され、4大メジャー大会のひとつである「全米オープン」がスタートします。
その3年後の1897年に誕生しました。

創業者のエドワード・キャンビーは、靴木型製造会社に勤める職人であり、その加工技術を活かして、ゴルフクラブの製造を開始しました。

当時、プロゴルファーは各自の工房を所有しており、独自でクラブを組み立てて販売していた時代です。

そこにあって、パーシモンヘッドとヒッコリーシャフトを採用したクラブは、完成度が高く、スコットランドのプロたちからの評価を得て、瞬く間に注目ブランドに躍り出ました。

その後、ゴルフブームが訪れると、技術革新を重ね、クラブ製造の常識とも言える技術を生み出します。

それは例えばアイアンのスコアリング、 パーシモンヘッドのインサートおよびティールシャフト、さらにはラバーグリップを世界で初めて採用するなどです。

ウッドへのインサート採用、アイアンヘッドに軟鋼の鍛造製法を最初に採用したのも、当メーカーです。
このように、ゴルフの歴史とともに歩み、現在のゴルフ用品の常識を作り上げた老舗メーカーとなっています。

メーカーの製品のうち、ターニードライバーについて見ていくと、シャフトには極薄高弾性カーボンを使用しており、自然なしなりと鋭いしなり戻りを実現し、ヘッドの加速を高めています。

グリップには、シリカという素材を配合しています。
耐水性に優れ、油分を吸う効果もあり、常に安定したグリップ力を発揮するクラブです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ゴルフメーカー

このページの先頭へ