低重心設計はスピンがかかり上に上がりやすい

ゴルフクラブは低重心にすることでさまざまなメリットが得られます。
アイアンに関しては特に低重心にすることのメリットが多く受けられるので、設計から重要視されています。
まず特徴として、ボールが上がります。
インパクトのとき、フェースが接触してボールへはロフトが傾いているスピンが与えられることになります。

そしてバックスピンがかかることになって、ボールは上がっていきます。

重心が低いことによって力のかかり方も強くなり、低い方がこの傾向は顕著に出るのですが、もしも低めにインパクトをできなければそれほど意味がないということになってしまいます。

つまりメリットを生かすためには、適したスイングをするということが大切になります。
アマチュアならば、このメリットを最大限に生かすためには、フェースが狭いものを選ぶということが考えられます。

狭ければ、それだけどこに当たっても、低めに当たったということになり、重心から得られる力もあります。

もちろん、極端に上に当たってしまったら意味はないのですが、ターゲットを低めに設定すれば回避できます。

またフェース自体も上を向きやすくなりますから、そのおかげでさらに、上への高い打球になります。
ただしこれも適切なロフト角を選ばなければ、高く上がりすぎて飛距離をロスしてしまうことにもなりかねません。

とりあえず重心が低いものという選び方ではなく、今あるクラブにたりないものを補う意味で、低いものを選ぶようにしてください。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:クラブ・用品

このページの先頭へ