弾道とスピンをコントロールする、ウッドの丸みロール

ロールとはウッド系クラブのフェースについている丸みに関して縦方向のものを指します。
ウッドは表面が滑らかではなく球面になっていることから、ロールの強さがインパクトに大きく影響することになります。
下の方にボールが当たると当然角度の関係から低い球が打ち出されます。
そして、上に当たれば、下からの角度がインパクトにつくので打球が高く上がります。

なぜこのような丸みがついているかと言うと、ギヤ効果にとって打球にかかる回転を抑えるためです。
これがなければギヤ効果が強く出過ぎてしまって、ボールが上手くコントロールすることができません。

特にこの傾向はディープフェースと言われる、フェースが広いものの方が強く出ている傾向があります。
なぜならフェース面が広いということはそれだけ効果が強く出るからです。

また、こういった傾向の強いクラブでは、意図的にインパクトをスイートスポットからずらし、上や下に当てることによって弾道をコントロールすることができます。

もしも、これがなければミスショットになってしまうのですが、丸みを帯びていることでこういった打ち方も可能になります。
つまり、ミスショットになってしまう、フェース部分を減少させる働きもあるということです。

ただし過信は禁物で、あまりにも下や、あまりにも上でヒットさせてしまうと、この効果を得られないということがあります。

ただし、低スピン高弾道の球や、その逆のような弾を打つには必須です。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:クラブ・用品

このページの先頭へ