表示ロフトと違うリアルロフトはなぜ生まれるのか

リアルロフトはロフト角を表す数値ですが、リアルとつくのは、実測値を表しているからです。
カタログスペックなどでロフトを計測したとしても、実測値では違っています。ですから、実際の数値をリアルロフトとして分けて考えています。
なぜこのような誤差が生まれてしまうかと言うと、それは大量生産しているからです。
製造過程で、当然ですが個体差が出てきてしまいます。

もちろん、誤差があまりにも大きければ不良品となって販売されることはありませんが、小さな誤差ならばそれはそのまま販売されています。

そこで実測の数値とは違いが出てきてしまいます。

この誤差に関してはメーカーの反応はさまざまで、誤差があるということをあらかじめ明記してスペックを公開するメーカーもあれば、一切触れないというところもあります。

またリアルロフトは計測するときにフェース角をスクエアにしてから計測するということも原因です。
計測方法が違うのです。

となると、計測方法の統一化が図られますが、このあたりも実に曖昧で、うやむやになっています。
したがって、別の言葉を作ったという見方をすることができます。

また好意的にとれば、ユーザーがなるべく初心者用でなくても飛ばせるようにロフトの数値に違いがあるようにしている、つまり実測では簡単なドライバーに見えても、表示ではなかなか難しいものを扱っているように見せているということになります。

どちらにせよ、カタログスペックをそのまま鵜呑みにしないで、気になったら計測することをオススメします。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:クラブ・用品

このページの先頭へ