難易度が高いアイアンマッスルバックは、憧れのクラブ

アイアンの種類であるマッスルバックは、独自の路線で人気を博していますが、扱いが難しくアマチュアゴルファーには憧れの存在で、いつかは使ってみたいアイアンになっています。
ただし、上級者への道としてアマチュアゴルファーであっても、マッスルバックを使いたいという人はあとを絶ちません。
このアイアンはスイートスポットが小さく、重心距離が短いので扱いには繊細な操作が要求されます。

しかし繊細に使いこなすことができれば抜群のコントロール性を発揮しますが、ヘッドは小ぶりでそれ故に、当てるのでさえ難しくなっています。
これがアマチュアゴルファーが敬遠する理由となっています。

しかし、ヘッドを大きくしてしまったら、それはそれでコントロール性が失われて利点がなくなってしまうので、大きいタイプのキャビティを選んだ方が良いでしょう。

重心位置が低いために、意図的にあげて打たないと、ボールは高く上がりませんし、捕まりも悪いので、ヘッドコントロールができる人用です。
ただしこれが扱えるレベルになると、思ったところにボールを落とすことができるようになります。

ただしスイートスポットを外したらその限りではありません。
このリスクを背負うことができるか、そしてショットの成功率がどれくらいかということが判断基準となります。

この難しさを越えた先にある、スイートスポットを捉えたときの、飛距離、弾道、打感の良さが、難しくても病みつきになってしまうこともあり、人気は根強いものがあります。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:クラブ・用品

このページの先頭へ