クラブ性能を左右するヘッドは、選択基準が豊富で欠点を補える

ゴルフクラブの性能の、大部分を占めているのがヘッドです。
もちろんシャフトによっても性能の違いは出てきますが、基本となるのはやはりヘッドの方でしょう。
これに関しては選択基準がさまざまです。
ロフト角、ライ角、重心距離、重心角、フェース角、フェースプログレッション、球の捕まりやすさなど、本当にいろいろな基準があります。

だから選ぶときに大きく迷ってしまいます。
まずは自分のスイングスピードを把握して、それにあわせたものにすることが第一です。

そして、ミスショットを減らす目的ならば、重視するのは左右慣性モーメントでしょう。
この左右慣性モーメントは、たとえ中心を外れてインパクトをしたとしても、比較的まっすぐに飛ばすことができます。

また、飛距離に悩んでいる人であれば、球が上へ上がりやすいように、ロフト角の大きなものを選ぶ方が間違いないでしょう。
球が捕まりにくい人であっても、性能によってカバーすることができます。

このようにそれぞれが、自分の欠点を補うように性能を合わせて選ぶことができるのが魅力です。
それぞれの意味を知っていれば、カタログのスペックから、それぞれの特性を把握して、自分が欲しいものを見つけることができます。

最近は大容量化していますが、大きければ飛ぶということはないので、そこまで大きさにはこだわらなくても問題はありません。

飛ばしたいのならば、ただ大きいだけでなく、独自な構造のアイテムを選ぶこともできます。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:クラブ・用品

このページの先頭へ