ストレートネックかグースネックかを決めるフェースプログレッション

フェースプログレッションは、アイアンのグースネックかストレートネックかを見極めるための数値です。
シャフトの中心線から線を引いて、リーディングエッジまでの距離がフェースプログレッションになり、この値が小さければグースとなり、大きければストレートとなります。
そしてこの値はマイナスということもあります。

グースネックは重心角が大きい傾向にあり、ストレートはその逆です。
また、その中間のセミグースもあります。

一般的にスイングスピードが速い人ほどストレートネックが向いていると言われていて、つまりフェースプログレッションが大きいものを選んだ方が良いと言うことが言えます。

また、打球がフックしてしまう傾向にある人はストレートネック、スライス傾向にある人はグースネックという選び方もあります。
それを基準にして、数値で考えてアイアンを選ぶということもできます。

また、グースネックはインパクトの瞬間が一瞬遅れることになり、球の捕まりがよいと言われています。
ただし、この影響はそれほど大きくないので、球の捕まりを良くしたい人は、かなりマイナス値のものを選ぶ方が、この効果を出すことができます。

ただし一方で、球が上がりにくくなってしまうというデメリットもあります。
もちろん、大きくてもつまりが悪くなってスライス傾向が増えてしまうというデメリットもあります。

この性質を利用した、スライサーやフッカー用の特殊なアイアンもあります。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:クラブ・用品

このページの先頭へ