砂に潜らないためのバウンスはサンドウェッジに必須

バウンスとは、ウェッジ、特にサンドウェッジのソールのふくらみのことを言います。
ここの大きさは、ソールの幅によっても変わってきますし、バウンス角と言われる、角度によっても変化します。
大きければ、エクスプロージョンを起こしやすくなり、ボールをバンカーから楽に出すことができます。

ただし、大きいと、フェースを開いたときに地面から浮いてしまうことになり、ボールのコントロール性が失われてしまいます。

ロブショットなどの小技は、この性で使いにくくなり、プロの中にはこの部分を削って使用する人もいるくらいです。
ただし、バンカーでは心強い味方になることは確かです。

バンカーショットは砂を同時に巻き込むことになるので、ヘッドがその重みを加えられて、スピードが落ちて、ボールが飛ばなくなってしまいます。
そこでこの部分があれば、砂に潜り込むのを防ぎ、抵抗は少なくなります。

サンドウェッジに関しては、間違いなくあった方が良いのですが、使い方は注意が必要です。
まずはフェースは開き気味にしておかなければなりません。

そしてアドレスはハンドレイドにして、そしてインパクトではあまり潜らせないように意識しなければ意味がありません。
せっかくバウンスがついていたクラブであっても、あまりに深くスイングしてしまったら、効果を発揮することはできません。

ただし、ある程度の深さまでは対応できますから、ミスショット救済の意味合いもあります。
バンカーショットが上手くいかないときには、大きめのクラブを選ぶようにしてください。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:クラブ・用品

このページの先頭へ