バンカーショットの救済的役割を果たす、トレーリングエッジ

トレーリングエッジは、ヘッドのソール、つまり底の部分の一番出っ張っている場所の角をさす言葉です。
ここが、スイングする時に地面に引っかかってしまうようなミスはよくあることです。
また、有効活用することも可能で、バンカーショットなどでは、この部分があることによって、砂を爆発させるようにボ―ルを飛ばす、エクスプローションが可能となっています。

バンカーショットのためには、なくてはならないものになっていますが、それ以外のデメリットもあるために、ここを削ってしまう人もいます。

削ってしまえば、地面に当たらなくなり、フェースが開きやすくなります。
特に上級者にとっては、ロブショットがしやすくなるということもあり、削られたモデルの方が好まれる傾向にあります。

ただしバンカーショットの難易度が飛躍的に高くなることは間違いありません。
砂にめり込んでしまいますから、トレーリングエッジで抜けるということができなくなります。

初心者にとっては、削ったモデルは諸刃の剣になってしまうことは間違いありません。

極端に大きなモデルになってしまったら、エッジでダフってしまうことになりかねないので、使うケースに合わせて選ぶ方が良いでしょう。

プロゴルファーでは、この部分を削っている人は多くいて、トレーリングエッジは、バンカーショットのミスを減らす救済的役割が大きくなっているため、正確にショットをすることで、ミスがなければ特にいらないという理由からです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:クラブ・用品

このページの先頭へ