数あるクラブの中で、最も飛距離を稼ぐドライバー

ゴルフクラブの中で、1番ウッドの別名がドライバーで、そしてクラブの中で最も飛距離が出るものになります。
最初のティショットから使うことが一般的で、それゆえにどこまで距離が稼げるか、そして自分のねらった位置に近い場所に球がいくかということが重視されます。
ドライバーを選ぶときはさまざまなポイントがあります。まずはあまりにも自分の体重より軽いものを選ばないことです。

軽いドライバーを使ってしまうと、体を使ってスイングする感覚が身に付きにくく、思ったより飛距離が伸びません。
また、シャフトの長さも極端に長いと、打ちにくく、当たれば飛ぶのですが、当てるまでが一苦労となってしまいます。

初心者ならば、ヘッドが変形したタイプを選ぶというのもひとつの手です。
変形したドライバーは、慣性モーメントが大きくなり、ミスショットを作りにくくなります。

また、ヘッドが大きければ大きいほど、球に当てやすくなりますから、変形プラス大容量にすることでミスショットを減らすことができます。

フェースの角度についても、10度以上のものを選ばなければ、打った打球が上に上がらないので、飛距離を落とす傾向になります。

高価格のものは、アマチュアやプロに向けて作られていることが多く、スイートスポットにしっかり当てることができればよく飛ぶのですが、ミスをしてしまうと飛びが悪いということもあります。

ですから初心者の場合はあえて、安めのアイテムを購入した方が無難です。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:クラブ・用品

このページの先頭へ