クラブヘッドの先「トゥ」はアドレスとインパクトで位置が変わる

ゴルクラブのヘッドで、先の方をトゥと呼び、シャフト側をヒールと呼びます。
スイングをすると、クラブには遠心力が働き、アドレスのときとインパクトのときでは、位置が変わってきます。
これがトゥダウンと呼ばれる現象です。
アドレスでいくら調整したとしても、打球を捉えるときにはその位置は変わってきてしまうということです。

どう変わるかと言うと、トゥが下がってしまいます。
つまり、ヘッドの位置がスイングをすると、自分の方によってしまうということになります。

だからアドレス時はヒールに寄せてセッティングをするということが、それを解消するための方法となりますが、この現象でどれだけヘッドが下がるかというのはスイングスピードによりますので、一定の位置にするためには、意識したスイングが必要になってきます。

ただし、ここに当たるとフック回転がかかりやすくなることから、プロはテクニックとして、スイートスポットからずらして、寄せて当てるケースもあります。

特にウッドの場合にはこの傾向が顕著に出ます。
しかし、一般的にはヒール側にセットしてアドレスをすることが無難で、プロゴルファーも使っています。

意識してヘッドの微調整をしながらスイングをできる人にとってはこの限りではなく、アドレスをどこに置いても、狙った場所にヒットさせることができるので、特に考える必要はないかもしれませんが、スイングを理論的に考える人にとっては、トゥダウンを意識してアドレスをした方が間違いないでしょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:クラブ・用品

このページの先頭へ