直進性が高く、ストレートな球を打ちたいならディープフェース

ディープフェースとは、ゴルフのクラブヘッドのフェース面が深いものを総称する言葉です。
深いというのは、フェースの上部から、下部への距離が長いということになります。
一般的に、深くなるとスピンを抑えて直進性の高い球が打つことができること、そしてボールが上に上がりにくいという特徴があると言われています。

初心者は特に、ボールを打つときに意識しないでも、スピンがかかってしまうことがあり、それが思わぬ方向へボールが飛んでしまう原因にもなっていますから、初心者にとっては、深めが向いている、または好まれる傾向にあります。

もちろん使うケースによってはこの限りではありません。

打ちやすさという点では、ディープフェースではなく、浅いシャローフェースの方が良いともいわれていて、特にボールが上がりやすいという点で重宝されています。

だからドライバーショットなどで、浅いものを選んでしまうと、上がらない、飛距離がない球になってしまいます。
ただし近年では、深いドライバーも多くなっています。

その理由はフェースの素材を変えることによって、深くても球が上がりやすくなっていて、欠点がそれほどなくなっているということ、そしてヘッドの大容量化に伴って、どうしてもフェースが深くなってしまうということがあります。

欠点が少なくなってきている今、わざわざ浅いものを選ぶ理由はなくなりつつありますが、シャローであっても、スピンが必要な場面など、登場機会がまったく無くなったというわけではありません。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:クラブ・用品

このページの先頭へ