プレー感覚を左右する、ソールするメリットとデメリット

クラブヘッドの底の部分をソールと言い、また、クラブを構えて打球の準備をする事をアドレスと言いますが、その時にそれを地面につけることを「ソール」する、と表現します。
アドレス時にするかどうかは、議論が分かれるところでもありますが、それぞれにメリット・デメリットがあるからです。
浮かせている時は、そのままバックスイングにもっていくことが可能ですが、これが浮かしているときのメリットで、どこで打とうが同じスイング感覚を保てます。

バンカーなどは、地面につけてしまったらペナルティーになってしまうため、「ソール」はできません。

ですから、どこからのショットでも同じ感覚を保ちたいなら、浮かしている以外に方法はないのです。
またラフなどで地面につけてしまうと、絡まった草が動いてしまい、結果的にボールを動かしてペナルティになってしまう危険性もあります。

ただし、地面に付けることによるメリットもあり、しっかりとボールを捉えられて、一呼吸おくことができることは、大きな利点です。

また、フェースの向きをしっかりと確認するためにも、役に立ちますので、方向性が大切なショットにとっては、これは大きな利点となるでしょう。
さらに、浮かしている緊張感から右手に力が入りすぎてしまうということもなくなります。

どちらが良いのかは一概に言えません。
ただ、あるときは地面に付けて、あるときは付けないで、というスタンスでプレーしている人はあまりいません。

まずは、実際にプレーで、自分はどちらが向いているかを試してください。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:クラブ・用品

このページの先頭へ